銀座で「お茶」

2011⁄04⁄05(火) 21:37
妻と一緒に銀座までぶらぶらしに行きました。
PLAZAで小物を買って、お茶でもしようと向かったのは「茶・銀座」
前々から気になっていたスタイリッシュなお茶のお店(笑)


店に入って頼んだのはカウンターで立ち飲みで頂く「茶プレッソ」
その名の通り、エスプレッソメーカーで入れたお茶です。
一杯100円というお値段もお手ごろ。ちなみにテイクアウトのアイスは300円。


濃い口で入れられたお茶は濃厚で、舌の上に広がり、喉にもその濃厚さが伝わり
なんともいえない甘みと香りが広がります。普通の濃いお茶とはちょっと違う、面白いお茶。
口直しにビターチョコレートがついていました。これで100円はやっぱ安いな。

お店の方曰く、常連さんでよく来る方とかもいるので、そういう方には日によって入れ方を
変えているとの事、今日は基本的な入れ方で入れたそうですが、色んな入れ方があるみたい。

さて、本番は二階の喫茶室で頂くお煎茶。
このお店は500円で煎茶と和菓子を二階で。
もしくは三階で抹茶とお菓子(この日は米粉のシフォンケーキ)が頂けるのです。

今日は初めてなので煎茶を頂くことに。



お茶なんだけど、最初にお酒が一杯出てきました。
山口県の地酒らしい。桜の花びらが浮いていてなんとも風流。
お味のほうは実にフルーティーな、女性にも好まれそうな一杯。



そしてまずは一煎目のお茶を頂きます、要するに一番茶。
すっきりとした美味しさ。そして、やっぱりプロだな、温度調節がいいのか、いいお味の出方。
お茶って、入れ方でかなり変わりますもんね。



お茶を頂いてまもなく、和菓子の登場。わっ、かわいらしい。
本日の和菓子は桜餅(道明寺)二種あるのですが、二人で一種類づつ選択。

味はさすが銀座。美味しゅうございます。

和菓子を堪能したところで二煎目


今度は濃い目な印象、先の茶プレッソほどではないにせよ、舌の上に広がる濃さや甘みが素晴らしい。
お菓子を食べた後の舌なのに、それでも際立つ存在感。お茶って凄い。

お手ごろ価格で、美味しゅうございました♪
それなりに混んでるし、なかなか頻繁にはムリですが、また行きたいお店が増えました♪
スポンサーサイト

TOP

Comment

Trackback

http://kazumitsu.blog29.fc2.com/tb.php/720-d672677f